保険金の請求方法

被保険者が死亡した場合、生命保険会社に死亡の事実を伝え保険金の請求をします。
生命保険の保険金の請求があって初めて受取人に保険金が支給されますので、ここでは保険金の請求に必要な書類を見てみましょう!

保険証券
受取人が必要事項を記入済の保険金支払請求書
医師による死亡診断書あるいは死体検案書
受取人の印鑑証明書と受取人それぞれの戸籍謄本
最終の保険料払込みを証明する書類
受取人の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)

また、加入している生命保険会社によって必要とされるものがありますので、確認しておきましょう!


尚、保険金の支払いは、請求者からの必要書類が生命保険の会社に到着したのちに、生命保険の会社から支払われることになっています。

保険金の請求に関しては、2年で消滅時効となることが商法で定められています。

しかし、生命保険会社では各会社の約款で、消滅時効を3年としていますので、3年以内であれば請求することができます。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。