告知義務と告知義務違反

生命保険の契約をするときに、現在の健康状態や病歴などについて事実を正しく告げなければいけません!

告知の方法としては、告知書に自分で答える方法と医師による診査を受ける方法があります。
正確に告知しないと告知義務違反となり、生命保険の金や給付金が支給されず保険契約が解除(解約)されることもあります。

この告知とは、保険に加入しようとする被保険者の義務です。
では、なぜ告知が必要かというと、個々の保険契約の公平性を保つためです。


保険料を払っている契約者の中に、告知義務違反をする人が含まれていると、保険金の支払総額が想定されたもの以上となってしまうためです。

告知義務に関する重要事項とされるものは、年齢や職業、最近の健康状態に加えて、過去5年以内の病歴、既往症あるいは身体の障害などです。

基本的には、生命に関する将来的な危険性があるかどうかを判断するための判断材料と言えるでしょう!

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。