生命保険の加入者の現状

生命保険の加入状況ですが、世界主要国で見ると日本が第一位になります。

国によって保険制度の違いや為替・風習によって文化も違うため、単純に比較するのは難しいですが、日本人が生命保険に加入する大きな理由に貯蓄という考えもあります。


生命保険の世帯加入率の推移を見ると、1994年をピークに年々低下しています。
おそらく、原因はバブル経済の崩壊後、生命保険への出費を減らす世帯が増えていると思われます。

また、ここ最近では高齢者が生命保険に加入しないケースも見られます。
簡保にしても、医療保険を取り扱っていないことから加入率が低下しています。

一般的には、万が一のときの残された家族の必要生活資金は、年間で約360万円と言われています。

また、世帯主が入院したときの必要資金は月額29万円となっており、各世帯で必要とされている生活費は30万円ぐらいと言われています。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。