生命保険会社の仕組み

生命保険とは、人間の生命にかかわる損失を保障することを目的とした保険です。

日本では、契約により死亡などの所定の条件において生命保険の会社が受取人に保険金を支払っています。

保険金の資金の集め方や支払い方法は、18世紀の後半までは確立されることはありませんでした。


日本では、1868年に福澤諭吉が生命保険の制度を紹介したのですが、当初は「人の生死による金儲け」という批判も多く、普及するのに時間がかかりました。

戦前までの生命保険の会社の特徴としては、株式会社が主流でしたが、戦後からは生命保険の会社の多くは株式会社から相互会社に変更されました。

この時期は、女性の仕事が少なかったため女性営業職員の募集が考案されました。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。