生命保険の基本と仕組み

生命保険の基本は、「一人は万人のため、万人は一人のため」という相互扶助の精神によって成り立っています。

生命保険の目的は、人の死亡や火災などの事故によって起こる経済的不安の軽減です。
よく、預金は三角、保険は四角と言われますが、これはどういう意味なのでしょうか?

預金はゼロから始まり一定額を預金することによって貯蓄額が増えますが、保険は加入と同時に保障額が約束されます。

もし、何かの事故がおこっても、たくさんのお金を持っていれば保険に頼らくてもいいのですが、早い段階でかなり多額の預金が必要になります。


現実的には、サラリーマンの収入というのは、どこの会社に勤めても生涯年収で比較すると大きな差はありません。

よって、少しずつ積み立てて多額の預金を備えることは難しいです。
それに比べて、生命保険は加入と同時に小額の保険料で万が一のときに多額の保障が得られます。

大数の法則で成り立つ保険ですが、生命保険の原則は17世紀後半の数学者ベルヌーイによって定式化されたと言われています。

このように、統計と確率に関する法則が生命保険料や保障料が割り出されています。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。