保険金と受取人について

保険金と受取人について解説すると、以下の流れになります。

★保険金受取人を決める
生命保険の契約をする際に、受取人を誰にするかを決める必要があります。
契約者の夫が死亡した場合、妻が死亡保険金を受け取る場合がほとんどですが、保険金の受取人は、保険契約者が受取人の承諾を得ず自由に決めることもができます。

★受取人を指定する方法
生命保険の金の受取人が決定すれば、その人の氏名を明記すれば完了です。
妻の名前を受取人にしておくと、離婚した後も元妻が受取人になりますので、離婚した場合は、受取人の変更を忘れないように…!


つまり、結婚したら生命保険の金の受取人の名義変更を忘れずに…!
離婚しても生命保険の金の受取人の名義変更を忘れずに…!

★受取人を変更する
生命保険の金の受取人は自由に決めることができますし、変更するときも受取人の承諾は不要です。
ただし、生命保険の会社は誰が受取人になっているのかを知っていなければ、保険金を支払うことができませんので、受取人を変更した際には、名義変更手続きの書類を保険会社に提出します。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。