配当金とは?

生命保険には、株式会社に投資した株主と同じように配当というものがあります。
契約者が生命保険の会社に支払われる保険料は、純保険料と付加保険料に分けられます。

どちらも予定から割り出して保険料を決定しますが、実際に数字とは誤差がでます。
この誤差が生じたときに、契約者に分配されるのが生命保険の配当金になります。

余った部分を剰余金といい、次の3利源からなっています。


死差益
予定死亡率による死亡者数より、実際の死亡者数が少ない場合に生じる利益

利差益
予定利率による運用収入見込額より、実際の運用収入が多い場合に生じる利益

費差益
予定事業費率による事業費より、実際に使った事業費が少なくすんだ場合に生じる利益

定款や約款では、相互会社の場合、剰余金の一定割合を社員配当準備金に繰り入れ、これを財源として契約者に対し配当金を支払うことを定めています。

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。